デトックス理論

健やかで美しい肌のために

健やかで美しい肌を保つためには、3つの条件が必要です。

1肌表面の「角層」が潤いで満たされている状態である

2「真皮」を支えるコラーゲンなどが満たされており、ハリと弾力が感じられる状態である

3ターンオーバーの働きが正常で、肌に悪影響を及ぼすマイナス要因を排出することができる

シミ・シワ・たるみ・毛穴・くすみなどのトラブル。
そのほとんどは、「加齢」や「紫外線」「乾燥」といった外的刺激を日々積み重ねることによって引き起こされます。健康な肌ならば、日々のマイナス要因を排出することで蓄積をくい止め、美しい肌を保つことができます。しかし、新陳代謝、即ちターンオーバーが滞りマイナス要因が蓄積した肌は、角層が乱れてバリア機能が低下します。バリア機能が低下すると肌内部をしっかり守ることができないため、トラブルや年齢による悩みを引き起こす負のスパイラルに陥ってしまいます。
肌機能の乱れを正常な状態に改善するためには、蓄積されたトラブルを集中的に「デトックス」する、つまり「排出」することが必要であると私たちは考えます。肌の根本に働きかけ、新しい肌へと入れ替えることで、強く美しく、トラブルが起こりにくい健やかな肌状態へと導きます。

それでは、DOCスキンケアプログラムにおいて、肌の変化を詳しく見ていきましょう。

お手入れ前

お手入れ前

【 マイナス要因が蓄積された状態 】
ターンオーバーが滞ることで、くすみやニキビの原因となる角質肥厚を起こしています。また、強い紫外線などによりエラーを起こしたメラノサイトは、メラニン色素を過剰に分泌。メラニンを多く含んだ細胞は、ターンオーバーの機能低下により肌にとどまり続け、どんどん濃いシミになっていきます…
肌内部では、コラーゲンとエラスチンの機能低下によって肌を支えることができず、深いシワやたるみを引き起こしています。
このような弱った肌では、外的刺激から肌を守ることができず、潤いを保つこともできないのです。

※角質肥厚とは…古くなった角質が排出されず、角質が厚く溜まった状態のこと
DOCスキンケアプログラム期間

DOCスキンケアプログラム期間

【 ターンオーバーを加速させている状態 】
ターンオーバーを急速に加速させて新しい細胞をたくさん生み出すことで、溜まった角質をグングン押し上げ、肌表面から排出しています。同時にメラノサイトの働きを抑え、過剰なメラニン色素の生成を抑制しています。
肌内部ではコラーゲンとエラスチンの機能を高めて、土台を強固なものにしていきます。
お手入れ後

お手入れ後

【 肌が健康な状態 】
肌表面の角層は潤いを保ってふっくらと整い、ターンオーバーのリズムが改善されたことで、トラブルを引き起こす角質肥厚も見られません。メラノサイトは正常に機能し、適度に生成されたメラニン色素が紫外線から肌を守っています。
肌内部はコラーゲンとエラスチンで満たされ、肌の土台を支えているため、ハリや弾力を感じられるでしょう。

次に、DOCスキンケアプログラム期間中の肌の変化を詳しく見ていきましょう。

PRE CARE プレケア

14日間 「整える」

肌の表面を整え、アクティブケアの土台をつくる

お手入れ前
キメが浅く、デリケートな状態。
紫外線や乾燥などの外的刺激から肌を守るバリア機能が弱まっているため、刺激を受けた赤みが見られます。
このような状態では肌の水分を保つことができず、「乾燥肌」に傾いてしまいます。
プレケア後
キメがふっくらし、赤みがおさまっています。肌の表面を整えることで、肌には透明感や艶が生まれます。
ACTIVE CARE アクティブケア

60日間 「デトックス」

肌の働きを活性化させて新しい細胞を生み出し、蓄積された不要な角質をトラブルと共に排出する

最初の1週間
ターンオーバーの活性化を促すことで、突っ張るようにキメがなくなり、肌は少しづつ赤みを帯びてきます。
2週目以降
ターンオーバーが急速に活性化することで赤みが増しています。肌にはハリが生まれてツルンとした質感になります。また、シミや色素沈着は徐々に薄くなっていきます。
白い吹き出もの
  • 乾燥・皮むけ・カユミや、小さな白い吹きでもの・ニキビができる場合があります。
    シミや色素沈着が浮き上がったように濃くなったり、隠れていたシミが浮き出してくる場合があります。
  • そのような場合でも、徐々に薄くなっていきます。
    (プレケアの段階であっても、透明感が増すことでシミが濃く見える場合があります。)  ※いずれも個人差があります。
KEEP CARE キープケア

30日間 「鎮静・定着」

急速に活性化した肌を落ち着かせて、キレイになった肌を定着させる

活性化した状態の肌
活性化した状態の肌
ターンオーバーが鎮静化することで、肌の赤みが落ち着き透明感が生まれています。潤いはしっかり保たれ、
ハリや弾力を感じる、ワントーン明るい肌へ変化していきます。
アクティブケアが60日間の理由
●肌には耐性(肌が慣れること)があるため アクティブケアを長期間行うと肌が慣れてしまい、肌への効果が低下すると言われています。

●肌に負担がかかるため

肌に負担をかけず、キレイになるための一番効率の良いお手入れ方法として、104日間のプログラムをご提案させていただいております。まだまだ気になるトラブルがあるという場合は、キープケアを30日間行った後、再度アクティブケアにてアプローチしていきましょう。